「多羅の芽や山に少なき雨の降る」 貴薫

2DSC07887

フォトアサヒ4月号にて、佳作をいただいた作品。
選者は、写真家の中谷吉隆先生。

写真は旅籠で撮影したもので、俳句は全くの別もの。
ふたつを取り合わせました。
どうやらうまく組み合わさったようです。

旅に出たら(普段でも)、撮り溜めておくのはやっぱりだいじ。

2016-03-30 | Posted in フォト×俳句No Comments » 
Comment





Comment