五月尽

DSCN4297
道に咲くドクダミ。
なんとなく寄り添っているように見えて
思わず撮してみました。優しいな。。。

いつの間にか5月も終えてしまうと、夏越の祓いが目の前。
今年前半の心のケガレを払う時期がやってきます。

「六根清浄祝詞」のなかに
「口にもろもろの不浄を言ひて 心にもろもろの不浄を言はず」
という言霊がありますが、先日唱えていて一番の不浄は
自分に対して言う不浄だよね・・・と感じました。
自分を卑下してみたり、ダメだししてみたり、いつまでも悔やんでしまうとか。
起きているすべての事柄に責任を持って生きるのと、
起きたことは自分の責任・・・・と思いすぎて責めるのでは、ちょっと意味が違う。
不浄は後者。
生きていれば多少のケガレは生ずるもの。
ただその都度流せば、実は消えていくものでもある。

ドクダミの写真に戻って。
寄り添うって意味は、なにも隣にいる人のことを全部理解していることではなく。
(理解していてもそれはそれで勿論OKだけど)
「ただ側に居て寄り添う」ということが、人間には必要だったりするし、
それが毎日を過ごす力になるね・・と
植物から教えてもらった気がする五月尽。
だからやっぱり、すべてに感謝の日々。

2016-05-31 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment