しだ

冬が明けて、太陽の日差しが背の低い葉っぱたちにまで届くようになると
足元の土もほころんでくる。

森にはたくさんの生き物が生息していて、皆がそれぞれ共存して
その中にいる。
ひとたびその静寂の中に身を寄せて耳を済ませば、
多くの生き物たちの息使いが聞こえてきそうなほど。

そこでは、実は人間が一番ちいさな生き物なのではないか・・・
とさえ感じる時。

以下の販売をしています
※六つ切りW

価格・注文方法については販売ページをご覧ください
販売ページはこちら

2015-03-29 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment