日々のなかに

buruDSC07475

ヨコハマを歩いていたら、駅の脇に植えられたなかで花をさかせていた
オステオスペルマム。

真ん中のブルーがパッと目にはいり、思わず立ち止まってしまった。
自然界では青を持つ花が少ないって聞いたことをふっと思い出す。
そのせいか、一瞬でこの一輪に引き止められてしまう。

空気が澄んだ山の緑や、そこに住む動物たち、または寄せては返す波しぶき、
一面の花畑など、自然が豊富なところはいっぱいあって、
その豊かさは素晴らしいと常々感じているものの、
都会の一角にも、また足元にも、それらと同じ豊かさは存在している。

大事なことは、それを見つけられる感性を持っているか。
その感性さえあれば、いつでもどんな場所でも、
幸せや豊かさは、その人の心に宿る。
それは私のなかでたしかなことのひとつ。

2016-02-15 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment