夏至を越えて

DSCN4311

立葵。
なんてぱきっとした色。潔さまで感じてしまう・・・・。

夏至の前日、ストロベリームーンと呼ばれる桃色の満月を観ていたら
「やっと・・・・」という言葉がふっと自分の口から漏れていました。
なにが、という意味もなく、とても感覚的なものだけど、歓びに近い感じ。
きっと私の無意識がはっきり知っていること。

そして夏至。
穏やかで強くしなやかな優しいエネルギー。
いままで何度となく、夏至と冬至を愛でてきて
今回の夏至は感謝のエネルギーに溢れていました。

いままでのすべてに感謝して、
いままで私に関わってくれたすべての人(親も含めて)に感謝して、
残っている私の人生が、さらに彩られていく感覚を覚えつつ、
これからやらねばならないことも感じた夏至越え。
自分の魂に嘘なく生きること・・これが一番の仕合せ。

2016-06-21 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment