そして

NEC_7017-2

3月も末。
特に今日は期末でもあり、なにやらひとつの区切りの季節。
私自身もひとつの区切りを迎えた今日。
でも今この瞬間は、ほんの少し前から未来へずっと続いていることも確かなこと。

両手で何かを持っていてはつかめないものも、
片方の手のものを離してみれば、新しいものがつかめたりする。
スペースができるって、きっとそういうこと。

何度となくそんなことを繰り返しながら、新しい瞬間に会っていくのかな。
慣れ親しんだものが変わることを、愉しみとして受け容れる季節。
何かを信じることも、疑うこともなく。
それが私のなかでの・・・春。

2016-03-31 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment