いきものとの対話

カラス

1年ほど前のこと。

近所にあるネットで囲われたゴミ捨て場のなかに一羽のカラスが紛れ込んで、囲いから出られない状態でいました。
私はすぐカラスに近づき、囲いのフタを開けてカラスを
逃がしてあげたのですが、
ふと視線を感じて上を見るとまた別のカラスが、
その様子をじっとみている感じ・・・。

「二度と入っちゃダメよ、このゴミの中にはお前たちが食べて体にいいものはひとつもないんだからね」と伝えてその場を去りました。

さて、いつものゴミの日。ほとんど毎回カラスが生ゴミを荒らしてしまい
大変だったのですが、気がつくと今日はカラスがやってきません。
次のゴミの日も、そのまた次のゴミの日も、カラスは荒らしに来ないのです。
そしてまもなく1年が経とうとしています。

きっとあのとき助けたカラスと、その一部始終を見ていたカラスの
おかげだな・・・と思えてなりません。
私の言葉と思いがカラスに通じたのだと強く信じられる出来事。
どうか自然の食べ物を食べて、彼らが元気で居てくれますように。

2015-04-22 | Posted in BlogNo Comments » 
Comment





Comment