2019年個展 『Re Life』

2019DM表

2019DM裏

今年も「ギャラリーだいあん」にて、個展を開催させて
いただく運びとなりました。

11/16(土)~12/8(日)
10:30~19:00(最終日のみ16:00まで)

5年目となる Life は、“ Re Life ” として
そのいのち(生命)の瞬く姿を撮しました。
ぜひ、多くの方にご覧いただけると嬉しいです。

※ギャラリーだいあんの情報はコチラ
https://daian-re.com/gallery

なお、以下の掲示板は
「LifeⅣ」の個展をご覧くださった方が、感想を書き込める掲示板です。
作品をご覧いただいたご感想を、ご自由にお書きいただけたら嬉しいです。

コメント19件

 野澤秀之 | 2019.11.17 18:32

KIMIKOさんが出会った素敵な一瞬一瞬を追体験させて頂きました。写真の下にコメントを添えてくださっているので状況がよく分かり、一層深く感じることができます。俳句・短歌とのコラボはさらに世界が広がりますね。1つ選ぶとしたら、オシンコシンの滝が迫力があって好きでした。2つ目は茹で小豆。奄美もいいですね。ありがとうございました❗️

 やえこ | 2019.11.17 22:14

どの一枚にも命の輝きを感じ、いやされ、おごそかな気持ちになりました。
美瑛の青い池、感動的な青。今まで出会ったことのない色です。
丹頂鶴の舞、命が躍動する美しさです。
反対にエゾジカ、スズラン静的な一瞬にも
命の美しさを感じました。

 萬次郎 | 2019.11.17 22:30

個展の開催おめでとうございます。
どれも素晴らしい作品で感動しました。
とくにカエルの写真が好きです。
ぼくもこのような写真をとれるようにかんばります。

 Tomo | 2019.11.20 15:40

今年も開かれた写真展。おめでとうございます。
いろいろな光を感じながら
拝見させて頂きました。
おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。

 Eiji | 2019.11.20 16:22

朝露を携え輝く蓮池に
光と波紋の展きゆくもの 

 E | 2019.11.21 19:15

毎年拝見していると撮っているきみちゃんの変化と
観る側の私の変化を感じます。
また会えるひを楽しみにしています。

 山根 | 2019.11.22 22:00

静と動、一瞬と永遠、無と有、、、
生命について、いろいろなことを考えられました。
ありがとうございました。ご健康を心よりお祈り致します。

 田代 | 2019.11.23 10:55

この一瞬と、この一瞬をいとおしく大切にしている気持ちが伝わってきます。
「ささやかに女二人の花の宴」 
楽しそうなおしゃべりがきこえてきます。
友達に会いたくなるような写真と句ですね♥ 

 Hisami | 2019.11.27 22:32

いつもありがとうございます。
この場に来れること、感じ、沸き上がるのに感謝でいっぱいです。

 くに | 2019.11.28 10:32

毎年たのしみにしています。
今年は仙酔島の朝日に吸い込まれる様な神々しさとやさしさを感じました。
どの作品もすばらしい自然の力を頂きました。
またお目にかかれる日を楽しみにしています。
お身体お大事にしてください。

 有希 | 2019.11.28 19:39

展示、拝見しました。
大判の写真は見応えありますね。
青い池と丹頂鶴の写真がすきです。

写真展に降りる綱島冬の雨  

 sayo | 2019.11.28 21:40

この度はおめでとうございます。
静かな中でゆっくり鑑賞させて頂きました。
全てに優しさが感じられ感激しました。
お知らせいただきありがとうございました!

 さいとう | 2019.12.01 9:17

北海道の雄大な景色の中に
生命のまなざしが輝いている写真。
鹿や鶴の写真が心に残りました。
お会いできず残念です。また来年お知らせください。
楽しみにしています。

 GOUDA | 2019.12.02 19:30

ただ、ただ感動しました。
こういう世界で、自分の仕事を発見されましたことを
お喜び申し上げます。これからも生命の限り
ご精進くださいませ。
知り合いの方に勧めさせていただきます。

 さなえ | 2019.12.05 20:00

毎年個展の開催を楽しみに そして いつもココロに響く作品に出会えます

奄美のマングローブ
ハスの花

竹林の杜 も好き

自然の息づかいを感じますね〜〜。

 ちあき | 2019.12.07 18:36

自然の中の動物たちの躍動がそのままつたわり、この瞬間を捉えられるKIMIKOさんにに感動しました。
ご本人に、聴くと、車の中で一瞬みたら、鶴たちが、舞い始めたとか、鹿の近さが参戦でしょとか。
いつも、被写体はKIMIKOさんの、カメラの中に飛び込んでくるようです。
自然と神に祝福されているような自然の中の躍動に感動しっぱなしでした。

 トッシー | 2019.12.08 8:20

自然のいのちとのはっとするような瞬間的な出会い、感動や喜びが伝わってくるようで、直接お話を聞かせてもらったことで、より臨場感をもって感じさせてもらいました。
全般に柔らかな光と色彩が生き生きとしてやさしい感じで、見ていてそうした感じがこころの中に広がってくる感じがしました。
RE-LIFEというタイトルもいのちの逞しさを感じさせピッタリきました。
俳句は無知なのですが、いろいろなイメージ、経緯で作られているのが分かって興味深く、味あわせてもらいました。

楽しい時間を過ごさせてもらいました。
ありがとうございました。

 あき | 2019.12.08 18:12

瞬くいのち、との副題。そのようないのちの瞬きを感じるエゾシカのハガキに誘われ、今年も拝見しました。
オシンコシンの滝、仙酔島、竹の節にちょこんと座っているカエル…どれも見ながら自身のいのちが力づけられるように感じました。私たちの生命の源である水の力を感じられるからなのでしょうか。
来年もまた楽しみにしています。

 ゆうこ | 2019.12.12 18:49

ようやく貴美子さんの個展へ行くことができました
貴美子さんの写真は自然や植物、動物どれも素晴らしい表情をしていてずっと見つめていたくなってしまいます
鹿や鶴、カエルも素敵でしたが、よもぎ餅がとてもリアルで手を伸ばして食べたくなる程美味しそうでした!
来年もどんな写真が見られるのかとても楽しみにしています

Comment





Comment